2007年12月27日木曜日

Net Dance Japan の活動について(1)

そろそろ、僕らの活動について、紹介していきます。
メインは、というか、もともとは・・・やっぱあれですね。

インターネットを使った、新たなダンスパフォーマンスを研究/共同製作
していくことを目的にした、国際学会みたいなものがあり、
その日本チーム的なものとして、スタートした、と言えますね。
(いったん、固有名晒すのは避けます)

それがもう2~3年前かな?
たとえば、リアルタイムに、ダンサーの動いている動画をStreamingで
やりとりして、(まぁ、テレビ会議の、ダンスセッション版ってとこ)
外国のダンサーとこちらのダンサーで、コラボレーションしたりとか。

と言っても、最初は、首都郊外の某大学まではるばる行って、設備を借りて
大掛かりなセッティングを組んだものの、「つながらない、つながらない」
になっちゃうことが続いたりで、ダンサーがどうの、ダンスパフォーマンス
がどうの以前の、テクニカルなところで、あがいてたんですが。

それが、kabayanさんという、超強力な助っ人と出会えたことで、一気に
躍進!
つながらない心配はなくなったのみならず、渋谷駅から徒歩数分の
スーパー立地な場所を使えて、日本の日常に身を浸しながら、外国との
ダンスセッションを重ねること幾度。
「嗚呼、もうそんな時代なんだなぁ・・・」
としみじみ感じる余裕も生まれました。

立地はいいけど場所はやはり手狭なので、最初は、欧米チームはダンサーの全身の
映像を送ってきても、こちらは手のみ・・・から始めて、
→腕→上半身→脚のみ→と発展させ、最近やっと、こちらも全身映しての、
セッションを成立させられました。

それで、やはりインターネットを使った国際学会発表みたいなのに参加して、
双方、手のみの「どこでもダンスセッション」を、披露したり。
日本の日常に身を浸しながら、(画面を通じて)たくさんの欧米人の前での
発表に、またあらためて、
「嗚呼、もうこんな(略)」

そんなセッションなんかと同時に、日本サイド独自の活動も、発展させていこうと、
体制と、活動内容について、このたび、検討しなおした次第。

(つづく)

0 件のコメント: